ラトビアのミトン(ブルーグリーン)

ラトビアから届いた手編みのミトン

ラトビアの熟練ニッターが編んだ手編みミトンです。

ウール100%の、しっかりとした手ざわりです。




ブルーグリーンの細かい模様が丁寧に編まれています。



手首部分は飾り編み。オレンジがアクセントに。



-北欧とバルト三国-


バルト三国とは、エストニア、ラトビア、リトアニアです。
旧ソ連から独立したバルト三国にはロシアや東欧のイメージを持つ方も多いでしょう。ですが、今ではEUにも加盟し、北欧を含めて北ヨーロッパとされることも。

また、それ以前、エストニアとラトビアはスウェーデンの領土だった時期があり、文化的な影響があると言われています。

位置的にも北欧と近く、フィンランドの首都ヘルシンキからエストニアの首都タリンまで、フェリーに乗って日帰りのデイトリップが楽しめる距離です。

バルト三国はそれぞれ独自の文化を持っていますが、伝統模様や色、木製品、手織り、北欧のハンドクラフトと共通する部分を感じるのは、こうした歴史や地理上のつながりがあるからだと言われています。


指なしミトンの暖かさのワケ

北欧やバルト三国など寒い国では、手袋は指のないタイプのミトンが主流です。

これは、指と指が離れているより、一つの手が一つの袋に入ると効率的にミトンの中の空気が循環し温まるという昔からの知恵なのです。


また、糸の色を変え柄を編み込むことで、裏側で糸が何重にも重なり保温性が増すのです。

それは裏を見れば分かりますが、表の柄で見る場合、編み物は横に一段ずつ編むので、横一段に色の変化(配色糸の使用)があればその糸の分が重なります。逆に言えば、ボーダー(横縞)のように色を変えていても一段が一つの色であればその部分の糸は1本です。つまり小さな柄が全面に編まれているほど暖かいということなのです(1本の糸でもゴム編みのようにふっくら編むテクニックはあります)。


ですが、機能性よりも何よりも、シンプルなミトンだからこそ柄の配置やデザインをあれこれ工夫しながら編むことができ、そんな手仕事を昔の人たちはきっと楽しんで作っていたのだと思います。


サイズ

女性用のMサイズです。

総丈:約25cm

横幅:約10cm

素材:ウール100%

>

※平置きした状態で測っています。多少の誤差については予めご了承ください。

※ハンドメイドのため測る位置により若干のばらつきがあります。

※PCモニター設定などにより色味が実際と異なる場合があります。



この商品はクリックポスト対象商品です

  • クリックポスト対象商品は郵便局より164円で発送できます。
  • 追跡番号付ですが、ポスト投函にて配達完了となります。このため、盗難、紛失、また輸送中の破損などの保証がありません。クリックポストご希望の方はご了承の上お選びください。
  • 厚みや重量に制限があるため、個数(商品による)や他の商品と合わせてお買い上げされるとクリックポストが選択できないケースがあります。その際は宅急便料金が適用されます。

ラトビアのミトン(ブルーグリーン)



ラトビアの手編みのミトンです。ブルーグリーンの細かな模様が丁寧に編まれています。
定価 4,300円(税込4,644円)
販売価格 4,300円(税込4,644円)
購入数


Your recent history

営業日カレンダー

2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
が定休日です
(土日祝+不定休)

リンク

雑貨 雑貨のおまつり Online Shop Zakka Search オンライン雑貨ショップの検索サイト/雑貨系サーチエンジン 雑貨マニア